よくあるご質問(Q&A)

検索結果詳細

件名 満期保険金を受け取ります。満期保険金が源泉分離課税の扱いになるのは、どのようなケースですか?
回答

「金融類似商品」と呼ばれている契約の場合に、源泉分離課税の扱いとなります。

【対象となる保険商品】
一時払養老保険等で保険期間が5年以下のもの、または契約日から5年以内に解約したもの

【源泉分離課税の計算】
満期保険金配当金を含む)から、払い込み保険料を差し引いた差額に対して、源泉分離課税となります。
         ・所得税 15.315% (復興特別所得税を含む)
         ・住民税 5%

【納税方法】
源泉分離課税額は、保険会社が源泉徴収し、差し引いた後の金額を受取人にお支払いします。源泉分離課税された時点で納税が完結しますので、受け取り後にお客さま自身で確定申告をする必要はありません。

詳しくは所轄の税務署に確認ください。

関連URL 国税庁
関連Q&A

役に立ちましたか?

ページの先頭へ

i-ask